薬局コラム

「2017年以降の薬局経営に必要なこと」

マネジメント(採用/評価/組織づくり) 2016年 12月 27日

皆様、こんにちは。
船井総研の石田です。
 
早いものでもう年末ですね。

色々なことがありましたが、個人的には今年も本当に良い年でした。
 
皆様はいかがでしたでしょうか?
採用市場が変化したという意味では、苦戦された方も多かったと思います。
 
また皆様に意識しておいていただきたいのは、これからの日本が未曾有の
労働人口減少時代を迎えようとしているということです。
薬剤師はもちろんのこと、エリアによっては、医療事務の求人も以前のよう
にはいかなくなってきたという話も聞きます。

船井総研の社長の中谷がよくお伝えしていることなのですが、日本は今まで
のような拡大基調の「登山経営」ではなく、企業の質を高め社員が長く定着し、
生産性が高まっていくような「下山経営」を目指すことが重要になってきます。
 
この環境下で、生き残っていくための施策は2つあります。
 
ひとつめは、「薬学生採用の市場変化を把握し、うまく採用スタイルを切り替えて
いくこと」です。
薬学生の採用活動の解禁時期は5年生の3月からですが、その時からスタートを切る
ようでは間に合わなくなってきています。
母集団を構築するチャネルを外部のイベントに頼るのではなく、自社でチャネルを
構築していくことが今の時流です。
この時流が読み切れず、昨年のマイナーチェンジのような施策を打ち続けていると
徐々に成果は下がっていくと思います。
特に母集団や自社イベントへの参加数が顕著に減っていきます。
 
ふたつめは、「組織を活性化させ、社員の定着率を高め、最終的に生産性が高まる
という仕組みを構築していくこと」です。
薬剤師はなかなか言うことを聞いてくれず、対応が難しいと思われている経営者
の方も多いかと思います。
だからといって、そのままにしておいても状況が好転することはありえません。
むしろ、その仕組みをつくらずに店舗数を増やしていく、ないしは5店舗以上に増えて
いる状態は非常に危険です。
そういう状態では一度崩れ始めると、土台がしっかりしていない分、崩れるのが早い
ということと、今の環境下では「人の確保」によるリカバリーがしづらくなっているので
立て直すことも難しいでしょう。
 
薬局経営者の方々は、日々の「緊急度も重要度も高い仕事」に追われているかと思いますが、
今こそ将来を見据えた「緊急度は低いが、重要度が高い仕事」に取り組むようにしてください。
 
ですが、正直なところ、何をどこから手をつけていけばよいか分からない、どうすれば、
そのような理想的な薬局になっていくかが分からないという方も多いと思います。
 
ということで、この内容を実践し、理想の薬局づくりを実践してきた株式会社メディカルグリ
ーンの大澤社長を招いて、理想的な薬局を築き上げてきた過程をすべて包み隠さずセミナーで話して
いただくという企画をしています。
 
ちなみにメディカルグリーン 大澤社長の薬局は、

・薬科大のない北関東エリアで、新卒採用を開始してから13年連続で新卒採用に成功
・薬剤師の定着率 90%
・薬剤師の新卒比率 84%
・全13店舗の管理薬剤師の90%近くが新卒薬剤師
・社長がやりたかったことに共感し、集まってくれた仲間なので当事者意識が高い
・今では、社内勉強会、対外的な発表などを社員が率先してくれるので、社長が社長業に専念

など、挙げたらキリがないほど、組織の活性化が進んでいます。
 
とはいえ、大澤社長のメディカルグリーンも昔からそうっだったわけではなく、昔は社員が
いつ辞めるかヒヤヒヤする毎日だったそうです。
 
そのような状態から、今のような状態を作り上げた秘訣を直接話していただきますので、是非ご参加ください。
 
また、私からは採用環境が変わっていっている中で、
これからの薬学生採用のスタンダードになる採用の仕組みとその作り方を事例を
交えてお話をさせていただきます。
 
今のうちに、採用を仕組み化して、毎年安定した薬剤師の採用を行いたい方も是非ご参加ください。
 
ですが、先ほどもお伝えしていたように、取り組みをお伝えしても、「緊急度が低く、重要性が高い
仕事」に取り組むかどうかのかじ取りは経営者の皆様のお仕事です。
もし、このメールを見ている方が担当者の方であれば、経営者様と一緒にご参加ください。
 
それでは、2017年以降も皆様の薬局が発展していくことを願っております。
 

お忙しいなか、最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

株式会社船井総合研究所
石田 智也

 


新卒薬剤師採用セミナーのご案内

 

 


在宅参入&新卒薬剤師採用で成功するための3原則
無料ダウンロード資料配布中!

在宅参入&新卒薬剤師採用で成功するための3原則

在宅参入・拡大をお考えの経営者様、
薬剤師採用・教育・組織つくりをお考えの経営者様必見です!

在宅参入&新卒薬剤師採用で成功するための3原則

PDFファイルサイズ846KB
2016年2月10日公開

今回の担当コンサルタント

医療・介護・福祉・教育支援部 チームチームリーダー
チーフ経営コンサルタント

石田 智也(イシダ トシヤ)

MBA、中小企業診断士の資格を取得後、2010年4月に船井総合研究所に入社
入社後、様々な業種のマーケティング、マネジメントのコンサルティング業務に従事。
現在は、業種を薬局に絞り、その中でも薬剤師の採用を中心とするマネジメント部分のサポートを中心にコンサルティングを行っている。

 

関連のコンサルティングメニュー